限度額一杯まで借りれるのは実際どんなとき?

限度額一杯まで借りられるのは実際どんなとき?

キャッシングに関して、ネット検索してみると「限度額」という言葉が頻繁に出てきますよね。では例えば限度額300万円の場合、誰でも300万円貸してもらえるのでしょうか?

 

限度額と契約額

 

お金を借りるとき、必ずと言っていいほど耳にするのが「限度額」です。私たちがお金を借りようとすると、一般的に「貸付限度額」という表現で借入可能額が決定されます。ここで私たちがいくら「100万円借りたい」と思っていても、貸付する側が「50万円」と決めたら、いくら頑張っても「100万円」は貸してもらえません。

 

この貸付限度額は、そのまま契約時に決定される「利用限度額」となり、以後この金額の範囲内で自由に借り入れが可能ということになります。

 

ちなみに限度額には「利用限度額」ともう一つ、「契約額(借入極度額)」の2種類があります。

 

「利用限度額」は総量規制に定められた個人の借入に関する制限で『年収の三分の一以上は絶対に借りれませんか?』の記事でも詳細を書いています。

 

「契約額(借入極度額)」は契約書類に記載された利用上限額のことを指します。この場合、契約額(借入極度額)を変更することになると、そのためにもう一度審査をして、一般的には増額して大丈夫かどうかを調べ、問題なければ契約書類を作成します。

 

つまり、貸すことが可能な最大額を「契約額(借入極度額)」と言うことになります。

 

 

実際に借りられる金額は?

 

さて、ここで私たちが気になるのは「契約額いっぱいまで借りられるか?」ということではないでしょうか?

 

私たちが借りられる実際の金額は、利用限度額の範囲内になります。では、なぜ判りにくく「利用限度額」と「契約額」の2種類があるのかと言うと、貸す側がもし契約額を超えて貸す場合には、わざわざ契約を変更しなければならなくなるからです。

 

利用限度額に関してはキャッシング各社が予告なく変更することもできます。それは返済期日を守れなかったり、他社での利用が増えたときなどに利用限度額を落とされるという意味です。

 

これは逆に考えれば、返済をきっちり行い、他社での借入もないといった状況、つまり優良顧客だと判断された場合には利用限度額をあげてもらうことも可能だということです。

 

具体的な例として数字を出せば、当初は契約額50万円、利用限度額30万円という設定だったとすると、私たちが借りれる上限は30万円です。ただ、この状況で返済をしっかりこなして信用を積み重ね、キャッシング業者側に「この人にならもう少し貸しても大丈夫だな」と判断されれば、利用限度額を40万円、50万円とあげてもらえるかもしれないということです。

 

一方、契約額は契約書の内容を変更して書き換えなければならず、貸す側も借りる側も面倒な手続きが必要になります。実際に借りられるお金は、その契約書に記載される金額までということです。

 

お金を借りるときには、常日頃耳にしない知らない言葉が出て来ますので、言葉の意味をしっかりと理解しておくべきですね。

 

限度額に関する注意点

 

お金を借りるときに一番大切なことは、お金を借りているという意識を持つことです。借金しているという事実を忘れてはいけないということですね。

 

これからお金を借りるという人は、できるだけ少しの金額で本当にお金が必要な時に必要な分だけ利用するようにすることをオススメします。あくまでも借金は借金です。

 

例として、給料日前なのに友人の結婚式があってどうしても3万円必要だという状況にあるとします。

 

その時、「まだまだ限度額に余裕があるから多めにキャッシングしとこうかな」という意識を持たず、利用するのは最低限必要な金額にしておくべきです。

 

そうでなければ必要もないキャッシングを何度も繰り返して、気がつくと限度額いっぱいまで借金が膨らんでいたということになりかねません。つまり、お金を借りるのなら、最低限必要な金額だけに留めておくべきだと言うことですね。

 

限度額というのはあくまで、借入できる額の最大額です。

 

貸す側が私たちに、「25万円までは使ってもいいですよ」と言って来ても、その金額を必要もないのに「ちょっと借りておこう」などと、気楽な気持ちで借りるのはあまり良いことではありません。勘違いして、まだまだ余裕があると思っている人は、注意する必要があります。カードを使って自由にコンビニATMや提携ATMなどから引き出しをすることは可能ですが、実はそれは自分のお金ではないんです。

 

お金をお借りるときは、「あといくら借りられるのか?」とは考えず、今現在必要な最低限の金額だけ借りるようにして、余計な借入を一切しないようにするということが大切です。

 

 

>>低金利フリーローンを徹底比較!詳細はこちら

限度額一杯まで借りれるのは実際どんなとき?関連ページ

即日融資を受けれるフリーローンはありますか?
即日借り入れをするためには、当日中に「口座振込」をしてくれるサービスを利用するのが有効です。消費者金融各社や銀行の一部では、WEB上や電話で申し込みをすると、最短当日審査が完了し、早ければ申込者が指定した口座に当日すぐに振込まで完了する場合もあります。
年収の三分の一以上は絶対に借りれませんか?
2001年に施工された総量規制により、現在、国内での個人向け貸付けに対しては、クレジットカードでのキャッシングによる借入れ総額が、年収の三分の一までに規制されています。ただ、銀行でローンを組む場合はこの規制は適用されません。
審査に通りやすくなるコツってありますか?
キャッシング業者は、誰にでも無条件にお金を貸している訳ではありません。一定の審査基準を作り、その審査を通った人だけにお金を貸しています。そのため、審査に通りやすい人と通りにくい人に分類されるのは当然です。このページではフリーローン審査に通りやすい方のポイントを挙げています。
フリーローン審査に落ちる理由は?
当然ですが、フリーローンを利用したい時は必ず審査を通らなければなりません。この審査に通らなければ、お金を借入することは100%無理です。そして、中には審査に落ちる人もたくさんいます。ところがその理由は絶対に教えてもらえません。その訳は?
審査の時、職場に電話がかかってきますか?
借り入れをしたくても、職場に電話がかかってくるということを懸念して、ローンの利用をためらう人も少なくないようです。しかしながら、在籍確認によって職場に借り入れの事実がばれたり、どこから借り入れをしているかなどが明らかになることはありません。
収入証明無しでも借りれるって本当?
一般的に、銀行系のカードローンも含め、「100万円以下」の貸付の場合は収入証明書を「不要」としているところが多いようです。近年では収入証明書不要の限度額を大幅に引き上げ、それを全面に押し出したカードローンも生まれています。
専業主婦でも利用できるフリーローンはありますか?
総量規制は貸金業者に対する法律で銀行には適用されません。つまり、銀行が直接運営をしている銀行カードローンであれば、専業主婦でも借入ができるんです。
女性向けローンがあると聞いたのですが?
女性向けローンは、どんなに手軽にキャッシングができるようになったとはいえ、やはり「お金を借りる」ということに抵抗がある方も多いであろうという配慮から、受付のオペレーターを全員女性にしたりするなど、「女性でも借りやすい」環境を整えているサービスです。
パートやアルバイトでも審査に通りますか?
正社員でないと審査に通らないと思われている方も多いのではないでしょうか。非正規雇用者の数がどんどん増えている現在、派遣社員やアルバイト、パートなどで働いている人に対しても、一定条件を満たせば融資する業者が増えています。
職場や家族にばれないように借りる方法は?
基本的にキャッシング会社やカードローンを提供している会社は、「家族に知られたくない」という顧客心理をしっかり把握しています。契約に関しても、店頭を訪れて誰かに見られる心配や、家に郵送で借り入れの通知がきて家族にばれてしまうという心配がどんどん排除されています。
土日祝日に申込みして当日中に借りれますか?
プロミス、モビット、アコム、ノーローン等なら土日祝祭日でも審査の受付をしてくれますし、ネットで事前審査・申し込みをすれば結果を連絡してもらえます。自動契約機が近くにあれば数時間で融資可能です。
他の業者で借入していても新規契約できますか?
大手金融機関のフリーローン利用時の目安となるのは、概ね「3社」までだというのが一般的なようです。4社以上から借り入れがある人は、それだけで大手から融資を受けることは難しいというケースが多いように思います。
複数業者からの借入を一本化する方法は?
実際に金利が削減できるのは、具体的にはどのような場合なのでしょうか。借入件数が3件程度であれば、借り換え専用ローンを利用するメリットが生まれることが多いようです。
返済を滞納すると厳しい取り立てがありますか?
結論から言うと、厳しい取り立てというのは現在では無いと言えます。一昔前ですとかなり厳しい取り立てがありましたが、今ではたとえ自宅まで訪ねて来られたとしても、暴力的な行為や言葉は「一切無い!」と言えます。ただし、いわゆる「闇金」業者は別です。
キャッシングは住宅ローンなどへの悪影響あり?
過去にキャッシングの経験がある人は、住宅購入をするにあたり住宅ローンを組むときに不利になるかどうか、それは返済の履歴にもよります。返済が完了していても返済中に遅延があったり、トラブルがあった場合には、その人の返済能力があるかどうかの判断材料になります。