返済を滞納すると厳しい取り立てがありますか?

返済を滞納すると厳しい取り立てがありますか?

結論から言うと、厳しい取り立てというのは現在では無いと言えます。

 

一昔前ですとかなり厳しい取り立てがありましたが、今ではたとえ自宅まで訪ねて来られたとしても、暴力的な行為や言葉は「一切無い!」と言えます。

 

ただし、いわゆる「闇金」業者は別です。
※ここで言う「厳しい取立て」とは、威圧的な態度や行為、言葉を指します。

 

支払い滞納に至る具体例

 

お金を借りると言う行為は、何も街の無人契約機で手続きをして借りるだけではなく、例えばキャッシング機能付きのクレジットカードを作りさえすれば簡単に借り入れできます。

 

ここでは例として、クレジットカードでお金を借りて、あるいはクレジットカードでの月払い契約をして返済できなくなった場合を具体的に書いてみます。

  1. クレジットカードでは、コンビニのATMで簡単にお金を引き出せます。
  2. インターネットでは、何かを購入したい場合、一括でも月払いでも自分の個人情報を記入すれば即座に契約が成立し、その時からお金の支払い義務が生じます。

これは、本当に便利ですが、同時に大きな危険性も孕んでいます。

 

さて、このようにあまりにも簡単にお金を借りられ、また支払い契約ができてしまうと、ついついその支払いがあるのを忘れてしまうことがあります。

 

そうすると、ある日突然、電話が掛かってきて「残高不足で引き落としができませんでした」という連絡があります。でもその時には全く金銭的余裕が無く、「はい、はい」と適当に返事をしてそのままにしておきます。

 

すると、また1ヶ月経たないうちに督促の電話が掛かってきます。しかし、ガス代やら電気代などの生活費を優先して払わないと生きて行けません。仕方なく、とにかくライフラインだけは止められないようにと、そちらを払ってしまうと、当然クレジットカード分は、またまた払えなくなります。

 

すると、今度は毎日何度かは督促の電話が入るようになります。それと時を同じくして、督促の郵便物が届くようになります。

 

こういった状況が数ヶ月続くと、精神的にもかなり落ち込みますし、不安定になります。そこで、何とかして支払いを済ませようと、知人、友人、親戚から少しずつでも借りて支払いを済ませたとします。もちろん、カード会社に事前に連絡してから支払いを済ませます。

 

しかし、このとき「今回遅延したお金を支払っていただいても、貴方のカードは使えなくなります。そちらで破棄してください」と言われます。

 

つまり、ブラックリスト入りしてしまうことになります。
(実際にブラックリストというものがあるわけではなく概念的な話です)

 

信用情報に悪い記録が残ると・・・

 

このブラックリストに入るということは、日本の場合、大変厳しく、よほどの事がない限り数年間〜数十年はカードを持てません。

 

もちろん、その後の「信用情報期間」の記載事項によっては、再びカードを持てる場合もあります。また、このとき金融会社からの借り入れもほとんど不可能になります。

 

もし、「信用情報機関」に悪い記録が残ってしまうようなことが若い時にあると、その後の人生に大きな悪影響を及ぼすことになります。例えば「住宅ローン」を組もうとしても、銀行が組んでくれないとか、もし組んでくれても金利が高くなるなどの悪条件で組むことになるとか、決して良いことは待っていません。詳しくは、『キャッシングは住宅ローンなどへの悪影響あり?』もご参照ください。

 

最悪の場合は裁判に

 

さて、それでも頑なに支払いをしないでいるとどうなるでしょうか?

 

今度は「債権取立て業者」が、そのカード会社から不良債権を買い取って、代わりに回収作業をはじめます。今度は、実際に自宅まで直接訪ねて来ます。

 

もちろん、居留守を使っていても、毎月1〜2度は来ます。それでも交渉に応じないと、裁判になります。出廷しなければ、当然相手に有利な判決が出ます。つまり、相手が裁判に勝つことになります。すると最悪の場合、給与差押と言うことになり、ますます生活が厳しくなります。

 

まとめ

 

上記の例からわかる教訓は、とにかく借金やそれに付随する余計な金利や手数料が増えないように、期限を守って返済を済ませることが肝心だということです。

 

お金が無い、足りないからこそ借りるわけですから、その後の金銭的事情が苦しくなるのは当然です。その時から、切り詰める生活設計をしなければ、破綻してしまうのは当然ですね。

 

 

>>低金利フリーローンを徹底比較!詳細はこちら

返済を滞納すると厳しい取り立てがありますか?関連ページ

即日融資を受けれるフリーローンはありますか?
即日借り入れをするためには、当日中に「口座振込」をしてくれるサービスを利用するのが有効です。消費者金融各社や銀行の一部では、WEB上や電話で申し込みをすると、最短当日審査が完了し、早ければ申込者が指定した口座に当日すぐに振込まで完了する場合もあります。
年収の三分の一以上は絶対に借りれませんか?
2001年に施工された総量規制により、現在、国内での個人向け貸付けに対しては、クレジットカードでのキャッシングによる借入れ総額が、年収の三分の一までに規制されています。ただ、銀行でローンを組む場合はこの規制は適用されません。
審査に通りやすくなるコツってありますか?
キャッシング業者は、誰にでも無条件にお金を貸している訳ではありません。一定の審査基準を作り、その審査を通った人だけにお金を貸しています。そのため、審査に通りやすい人と通りにくい人に分類されるのは当然です。このページではフリーローン審査に通りやすい方のポイントを挙げています。
フリーローン審査に落ちる理由は?
当然ですが、フリーローンを利用したい時は必ず審査を通らなければなりません。この審査に通らなければ、お金を借入することは100%無理です。そして、中には審査に落ちる人もたくさんいます。ところがその理由は絶対に教えてもらえません。その訳は?
審査の時、職場に電話がかかってきますか?
借り入れをしたくても、職場に電話がかかってくるということを懸念して、ローンの利用をためらう人も少なくないようです。しかしながら、在籍確認によって職場に借り入れの事実がばれたり、どこから借り入れをしているかなどが明らかになることはありません。
収入証明無しでも借りれるって本当?
一般的に、銀行系のカードローンも含め、「100万円以下」の貸付の場合は収入証明書を「不要」としているところが多いようです。近年では収入証明書不要の限度額を大幅に引き上げ、それを全面に押し出したカードローンも生まれています。
専業主婦でも利用できるフリーローンはありますか?
総量規制は貸金業者に対する法律で銀行には適用されません。つまり、銀行が直接運営をしている銀行カードローンであれば、専業主婦でも借入ができるんです。
女性向けローンがあると聞いたのですが?
女性向けローンは、どんなに手軽にキャッシングができるようになったとはいえ、やはり「お金を借りる」ということに抵抗がある方も多いであろうという配慮から、受付のオペレーターを全員女性にしたりするなど、「女性でも借りやすい」環境を整えているサービスです。
パートやアルバイトでも審査に通りますか?
正社員でないと審査に通らないと思われている方も多いのではないでしょうか。非正規雇用者の数がどんどん増えている現在、派遣社員やアルバイト、パートなどで働いている人に対しても、一定条件を満たせば融資する業者が増えています。
限度額一杯まで借りれるのは実際どんなとき?
誰でもカードローン各社が設定する最大限度額一杯まで借入できるわけではありません。利用者の状況を踏まえて利用限度額は決定されますが、最初は低めに設定されていても、信用を積み重ねれば利用限度額はあげることができます。
職場や家族にばれないように借りる方法は?
基本的にキャッシング会社やカードローンを提供している会社は、「家族に知られたくない」という顧客心理をしっかり把握しています。契約に関しても、店頭を訪れて誰かに見られる心配や、家に郵送で借り入れの通知がきて家族にばれてしまうという心配がどんどん排除されています。
土日祝日に申込みして当日中に借りれますか?
プロミス、モビット、アコム、ノーローン等なら土日祝祭日でも審査の受付をしてくれますし、ネットで事前審査・申し込みをすれば結果を連絡してもらえます。自動契約機が近くにあれば数時間で融資可能です。
他の業者で借入していても新規契約できますか?
大手金融機関のフリーローン利用時の目安となるのは、概ね「3社」までだというのが一般的なようです。4社以上から借り入れがある人は、それだけで大手から融資を受けることは難しいというケースが多いように思います。
複数業者からの借入を一本化する方法は?
実際に金利が削減できるのは、具体的にはどのような場合なのでしょうか。借入件数が3件程度であれば、借り換え専用ローンを利用するメリットが生まれることが多いようです。
キャッシングは住宅ローンなどへの悪影響あり?
過去にキャッシングの経験がある人は、住宅購入をするにあたり住宅ローンを組むときに不利になるかどうか、それは返済の履歴にもよります。返済が完了していても返済中に遅延があったり、トラブルがあった場合には、その人の返済能力があるかどうかの判断材料になります。