低金利フリーローンを徹底比較!安心して借りれる会社はここ!

安心の借入先がみつかる需要別ランキング!

低金利フリーローン

みずほ銀行カードローン

「コンフォートプラン」「エグゼクティブプラン」の2つのプランを用意!

 

エグゼクティブプランは3.0%〜7.0%と納得の低金利設定で、利用限度額はゆとりの200万円〜1,000万円。最短で即日から利用でき、200万円までの申し込みであれば収入証明書の提出も不要です。

 

またエグゼクティブプランのお客さまを対象に、利用状況に応じ、エグゼクティブの方にふさわしいプレゼントをご提供!

 

主婦の方でも借入れ可能

※ 主婦でパートや配偶者に収入のある場合はご利用限度額30万円を上限として対象となります。

 

おまとめ・借り換えももちろんOK!

※ 毎月の返済金額が軽減されます。
※ 借入状況によっては軽減されない場合もあります。

 

低金利フリーローン

 

※ プランは審査の結果によって決定させていただきます。(お客さまご自身でお選びいただくことはできません)

プロミス

メールアドレス登録とWeb明細利用で、はじめての方なら30日間、金利0円のプロミス。

 

プロミスでの契約がはじめてであれば翌日から30日金利がかかりません。土日祝日もキャッシングOK!保証人は不要です。

 

>> プロミスの詳細を見る

オリックス銀行カードローン

数字が魅力的なオリックス銀行カードローン。

 

注目したいのは3.0%〜17.8%という業界最低水準の年利!限度額も最大800万円と高く、利用用途フリーのローンでこれらの数字は特筆すべき点です。

 

>> オリックス銀行カードローンの詳細

 

 

低金利フリーローン

プロミス

安心、早い、便利と総合力で上回るプロミス。

 

CMでもお馴染みのプロミスは、融資までのスピードが早く、初めての利用でも安心のサービスを用意しています。土日祝日もキャッシングOK!保証人は不要です。

 

WEB契約なら即日融資も可能

※ 平日14時までに契約完了していただく必要があります。
※ 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

 

瞬フリ(振込キャッシング)

※ 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、深夜でも土・日・祝日でも、24時間振込可能のサービスです。

 

低金利フリーローン

アコム

顧客対応が親切で丁寧だと評判のアコム。

 

女性の利用者も多く、初めての方でも安心して利用できます。申し込みから契約までがスピーディで、最短1時間融資も可能です。

 

>> アコムの詳細を見る

モビット

14:50までの振込手続完了で当日中の融資が可能です。

 

モビットは10秒で簡易審査結果表示されるから大人気!申し込みも利用もネットのみで完結します。電話や郵送の煩わしさがない点は大変好評です。

 

>> モビットの詳細を見る

 

 

低金利フリーローン

プロミス

プロミスはオペレーターが全員女性でキャッシングが初めての方、女性の方でも安心して利用できます。

 

返済シミュレーションを使って毎月返済できる金額と返済期間を入力すれば、最短30分でご利用可能額を回答。

 

土・日・祝日でも、その日のうちに借入

※ ネットで申込み後、審査に通過すれば、最寄の自動契約機でその日のうちに借りられます。

 

30日間無利息

※ 詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

 

低金利フリーローン

アコム

顧客対応が親切で丁寧だと評判のアコム。

 

女性の利用者も多く、初めての方でも安心して利用できます。パート、アルバイトの方もOK!一定の収入があれば審査の上で融資を受けれます。

 

>> アコムの詳細を見る

モビット

モビットは顧客のプライバシーを重視。

 

申し込みも利用もネットのみで完結するWEB完結サービスが人気です。勤務先確認の電話や郵送物などがなく、スピーディに利用可能です。

 

>> モビットの詳細を見る

 

 

低金利フリーローン

プロミス

メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要ですが、30日間無利息になるサービスがあります。

 

キャッシングが初めての方でも安心して借りれ、融資までのスピードも早いと評判です。

 

30日間無利息

※ 詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

 

WEB契約で当日振込

※ 平日14時までに契約完了していただく必要があります。
※ 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

 

低金利フリーローン

アコム

はじめての方なら30日間、金利0円のアコム。

 

アコムでの契約がはじめてであれば翌日から30日金利がかかりません。土日祝日もキャッシングOK!保証人は不要です。

 

>> アコムの詳細を見る

新生銀行カードローン レイク

レイクでは初めての借入の場合、2種類の無利息期間サービスを行っています。

 

知らない人も意外と多いのですが、レイクは株式会社新生銀行のカードローンです。スマホ完結のサービスで利便性も高く、金融会社としての実績は抜群です。

 

>> 新生銀行カードローン レイクの詳細を見る

【2016年9月29日時点情報】

フリーローンについて

「フリーローン」とは、住宅ローンやビジネスローン、車のローンのように、原則として使用目的が限定されていないローンであり、さまざまなシーンで利用することができます。そのため、冠婚葬祭や事業資金、複数社の借り入れを一本化するなど、自分の自由に資金利用をすることが可能です。

 

フリーローンは、大きく2つの種類にわけられます。1つは無担保型のフリーローン、もう1つは有担保型のフリーローンです。

 

担保を必要としない無担保型は、若干金利が高めですが利用しやすいローンです。ある程度まとまった資金を調達したい場合には、金利が安い有担保型のローンを利用するのもいいでしょう。ただし、各金融機関によって利用条件はさまざまなので事前に確認することをお勧めします。

 

フリーローンにも、メリットとデメリット両方があります。双方をしっかりと把握したうえで、有効に活用してください。

 

フリーローンのメリット

メリットは、大きく2つあります。

その名の通り「フリー」に使える

資金の使用目的が、融資の際に審査されることはありません。そのため、ショッピングや交際費のちょっとした出費でも、生活費の補填目的であっても、「何に使うか」を問われることはないのです。

 

手軽に資金を得られる

通常、住宅ローンや車のローンを組む場合は審査も厳しく、とても時間がかかるものですよね。しかしフリーローンであれば申込みも簡単で、現在はWEBサイト上で申し込みから審査、融資までが完了するような業者も増えています。

 

また、審査もスムーズで特に少額であれば、条件を満たせば最短即日で借入ができるケースもあります。家族や友人に「お金を貸して」というのはなかなか勇気のいることと思いますが、このようなフリーローンこそ、急な出費で困ったときの強い味方になります。

 

フリーローンのデメリット

しかし、フリーローンもメリットばかりではありません。注意しなければならないデメリットも存在します。それは、他のタイプの各種ローンに比べて金利が高い傾向にあることです。

 

考えてみればそれもそのはずで、用途が限られている住宅ローンやマイカーローンとは違い、何に使っても自由ですし、審査の即時性なども考慮すれば利用しやすいローンであることは確かです。

 

ただ、手軽だからといって無計画に借り入れてしまうことには注意が必要ですね。無理なく返済できるように、利用する際には気を付けたいものです。

銀行系カードローンの審査は厳しいの?

「カードローンの審査が厳しいかどうか」というトピックは様々なところで取り上げられますが、中でも厳しいとされるのが銀行系カードローンです。

 

消費者金融各社の認知度が上がり、最近では気軽に借りられるイメージが定着してきたこともあって、それと比較して銀行系は「審査が厳しい」「手堅い」というイメージを持たれているようです。しかし、実際のところはどうなのでしょうか?

 

まず、銀行系カードローンは他の消費者金融系カードローン、信販系のカードローンと比較すると次のような特徴があります。

 

  1. 非常に低金利であるということ。とくに高額な費用を調達する際などは、この金利が押さえられることが重要なポイントになります。
  2.  

  3. 銀行というバックボーンがあるため、信頼度も高いこと。ある程度まとまった資金を借り入れるのにも、安心感があるため人気を集めています。

 

この2点のメリットがあることもあり、銀行系は「審査が厳しい」と言われているのでしょう。しかし最近では、楽天銀行スーパーローンやオリックス銀行カードローンなどが出てきたこともあり、銀行系カードローンにも利用しやすいものが増えてきているようです。しかも、銀行系のカードローンは総量規制外の扱いとなります。

 

キャッシングやカードローンにおける「審査」とはどのようなものか?

 

新たなクレジットカードを作ったり、カードローンを申し込む際の審査でポイントとなるのは以下の2点です。

定期的な収入が見込める状態であるかどうか

これは銀行によっては、正社員だけではなくパートやアルバイト(フリーターや専業主婦も)を含む場合もあります。

 

過去に事故情報や複数の借り入れがないかどうか

「事故情報」とは、何度も延滞を繰り返したり、自己破産をしたりした履歴のことで、これは個人信用情報機関に照会することによって明らかにされてしまいます。また、既に複数社から多額の借り入れを行なっている場合もマイナスとなります。

 

これらのことから、逆に「定期的な収入があって、他社からの借り入れがなく、過去に事故情報がない」人であれば、銀行系カードローンの審査に通る確率が高いということです。審査が厳しいといわれる銀行系のカードローンですが、多くの人はすぐに利用することができるようになっているのです。